即効性のある入眠剤は副作用に注意?

熟睡している女性

睡眠薬と聞くと、あまりいい印象を持っていない人がいるのではないでしょうか。
一昔前までは、乱用目的に使用している人もいたため、悪いイメージがぬぐい切れていないのです。
睡眠薬の中でも、即効性のある薬は副作用に注意しなければなりません。昔に比べて医療の技術は格段にアップしましたが、副作用のない薬はありません。
即効性のある薬は、ふらつきや転倒を引き起こしやすくリスクがある薬でもあるのです。
現代の睡眠薬は副作用が軽減されていて、安全に服用できますが思いもよらぬ作用があるという事実も把握しておきましょう。

◇ボケていると勘違いされやすい副作用

入眠を促す睡眠薬の中には、ルネスタやハイプロンといった薬があります。どちらも効きの速さに特化している睡眠薬ですが副作用もあります。
重篤な副作用とまではいきませんが、注意すべき副作用をチェックしていきましょう。

<主な副作用>
・ふらつき
・転倒
・めまい
・健忘

特に健忘は、要注意すべき副作用です。薬を服用した後の記憶がすっぽりと抜け落ちてしまうため、「もの忘れ」とも呼ばれています。
食べたはずのないお菓子の袋が翌日確認すると、食べ散らかされていたという人もいるほどなのです。
睡眠薬の副作用を知らない人から見ると、ボケているように見えてしまいます。健忘を避けるためには、きちんと就寝前に睡眠薬を服用しましょう。

◇飲むタイミングが大切

即効性のある睡眠薬の副作用を未然に防ぐためには、服用するタイミングがとても大切です。
これからまだやる作業が残っていたり、運転する予定があったりするタイミングで睡眠薬を飲んでしまうと事件事故につながります。
そのため効きの早い薬を飲む際には、ベッドに入る直前に服用するように心がけてください。
そうすることで健忘やめまい、ふらつきといった副作用を回避できる可能性がグッと上がるのです。